小倉北区の歯医者、丸谷歯科歯周クリニックの「無痛治療」に関するページです。

△:第1・3・5水曜日午後/第2土曜日は休診します。休診日:日曜日・祝日・土曜日午後※当院は予約制です。

無痛治療への取り組み

できるだけ痛みを抑えた治療を心がけています

歯科医院が苦手な方の多くは、歯医者に「痛い」「怖い」というイメージをお持ちのようです。歯の治療の際に痛みがでないように行う麻酔注射自体が耐えられない方も多いことでしょう。北九州市小倉北区歯医者「丸谷歯科歯周クリニック」では、患者様の負担を少しでも減らすため、できるだけ痛くない治療「無痛治療」を心がけています。

無痛治療への取り組み

「歯科恐怖症」の方は、以前受診した歯医者で痛い思いや嫌な思いをしたことがトラウマになっていることがほとんどのようです。当院では、こうした治療への恐怖心のほか、「痛みに敏感」「嘔吐反応が強く治療が怖い」「治療中にずっと口を開けているのがつらい」などの方も安心して治療を受けていただけるよう、細心の注意を払い、できるだけ丁寧な治療を行っています。「無痛治療」への取り組みもその一環。痛みの感覚は人それぞれですが、ここでいう「無痛治療」は「できるかぎり痛みを抑えた治療」のことを指します。

わからないことによる不安を取り除きます

「次に何をされるのだろう?」「いつまで続くのか?」など、わからないことは不安につながります。そして不安は精神的にも身体的にも緊張をもたらし、「痛み」に対して敏感にさせてしまいます。そんな気持ちにならないよう、当院では、患者様へのお声がけを重視。コミュニケーションをとおして、安心して治療を受けていただける工夫をしています。

また、不安の払拭には、「治療の目的は何か?」「治療計画はどうなるのか?」などをしっかりご理解いただくことが必要です。そのため、事前のカウンセリングを入念に行い、不安や疑問をできるだけ解消していただいたから診療を行っています。

痛くない麻酔注射

当院では、痛くない麻酔として以下の4つの取り組みを行っています。

独自の注射方法

麻酔針を刺すときの「チクッ」とする痛みを軽減するような注射の打ち方をしております。

極細の注射針

注射針は極細の針を選択しています。細い針でゆっくり麻酔液を注射することが痛みの軽減につながります。

手術に不安がある方のために静脈内鎮静法にも対応しています

インプラント治療を行う際や、痛みに敏感な方の一般歯科治療の際は、歯科麻酔医による静脈内鎮静法を行っています。これは点滴による麻酔で、意識は保たれたまま、穏やかな状態になり、治療に対する不安や恐怖が薄れます。静脈内鎮静法を行う場合は、同時に心電図や血圧、心拍数、血中酸素飽和濃度などを確認しながら患者様の全身の状態を管理するため安心。嘔吐反応が強い方にもおすすめです。

「できるだけ痛くない治療を受けたい」丸谷歯科歯周クリニックの「無痛治療」のご予約はこちらからどうぞ

  • インプラント治療
  • 歯周病のリスクとは
  • 歯周病と他の歯科治療との関連性
  • 当院のこだわる歯周病治療
  • 4つの選ばれる理由
  • ホワイトニング
  • 審美・補綴・セラミック
  • 小児歯科
  • 無痛治療
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療料金表
  • 症例紹介
  • よくある質問
  • 医院紹介・アクセス
  • 治療の流れ・期間
  • 歯科タウン
ブログ
お知らせ

Copyright © 2015 医療法人明皓會 丸谷歯科歯周クリニック. All Rights Reserved.

ページトップへ